検索
  • SAKAI DAISUKE

最近、ご夫婦で写真を撮っていますか?

こんばんは。 今日も良いお天気でしたね。 1日、実家の田植えの手伝いをしていました。 気が付けば、顔が真っ赤に日焼けをしております。 田植えをするからこそ、お米一粒の大事さを感じます。 これ本当に。

さて、話を本題に移します。 現在、私が100人目指して行っている、丹波篠山市内の60歳以上を対象にした無料撮影の輝き写真。





この輝き写真をご夫婦で撮影させて頂く場合は、必ずご夫婦の2ショットを撮っています。 久しぶりに撮る2ショット 昔懐かしい2ショット 少し照れる2ショット この2ショットを撮影する瞬間は、そのご夫妻ならではの雰囲気があります。



腕組むとか何年ぶりですか? どうです?お母さんに腕組んでもらった感想は? とか、この時は聞くのですが、この瞬間は何とも言えないんです。 先に撮影したソロショットの時も素敵な笑顔を頂いた方でも、ご夫婦で撮る際の表情はまた違ったものになるんです。

私自身はまだ結婚して7年程しか経っていないですが、撮影させて頂く方々は、50年とか中には60年の方もいらっしゃいます。 そこにはおふたりしか分からない空気が流れるんです。 嘘でも大袈裟でもありません。 本当です。



「こんな写真結婚式依頼やわー」 「死ぬまでに良い写真を残せたわ」 「いや、恥ずかしい」 等々

撮影させて頂いたご夫妻からは頂きます。 お言葉はそのご夫婦によって異なりますが、撮影した時のあのちょっぴり恥ずかし気な表情は皆、似つかわしいものがあります。 (こんな若輩者が偉そうに、すみません) この時ばかりはいつもこの瞬間を撮って良かったな。と本当に実感します。 夫婦歴を積み重ねたからこそ、このショットには価値が存在するのです。 結婚式で撮ったものとは違った価値です。



どうですか? 素敵過ぎませんか。 こんな素敵なお姿を私はカメラ越しから見させて頂いています。 やっぱり無料撮影ですが、何ものにも返れない価値を私は頂ています。

目標の100人までも残り25人程となりましたが、これからもご夫婦で撮影させて頂く場合は、必ずご夫婦の2ショットは撮影します。 お渡しするこのご夫婦の2ショットを見られた時に、ご夫婦で歩まれてきた思い出やお話をして欲しいです。

そんな1枚になれば、本当に嬉しいです。 今までご縁頂いたご夫妻に心から感謝致します。

今回も最後まで読んで頂いた方、ありがとうございます。

3回の閲覧0件のコメント